« 14. 『鋼の錬金術師』と『999』の関係が、今、明らかになる! およびファンサイト開設のお知らせ | Accueil | 16. 『天使』その他の問題について »

2007.01.16

15. ついでにもひとつ

From: Date: 15 janvier 2007 20:54:15 HNJ To: monk@zag.att.ne.jp

「わたしを離さないで」は、大森望と豊崎由美のメッタ斬りコンビを始め、池上冬樹や茂木健一郎(web上に書評があります)、角田光代、小野正嗣が絶賛しております。紀伊国屋の書店員の多くが支持しキノベスの1位に輝いてもおります。彼らを否定するおつもりですか。文学の頂点メッタ斬りコンビから「読めていない」 と言われますね、これでは。

いやそれでひとつ聞きたいんですが、あなたはあれを読んだんですか。どう思いましたか。

それも言わずに、誰が褒めてたの彼が褒めてたのと挙げて行き、だから傑作の筈だと顔を赤らめもせずに言える人間が、「悪口言ってるっ! ひどいっ!」とか金切り声を上げて擁護に乗り出す本なぞ、私はこれっぽっちも尊重する必要は感じません。一冊の本に対する目利きの意見が必ず一致すると夢想する無邪気な方の支持する本ともなれば尚更です。こういう文句を引っ張り出しただけでも、ワーストに挙げる値打ちはあったことになります。即ち、一体どういう頭の構造をした読者が喜んで読むのかの例としてです。

『わたしを離さないで』が職業的な読み手の支持を集め、かつ私がワーストと名指すのは至極簡単、エモい代物をどう扱うか、の問題に過ぎません(紀伊国屋さんの方々も勿論同様です)。彼らはエモ文学のブームがまだ続くだろうと見るから褒めているのでしょうし(たぶんエモい代物に涙を流すこと自体にも何かしらの意義があると考えているのでしょう)、そういう評価自体が悪いと言う気は、私にはありません。エモいと言う点では強烈にエモい代物であり、それをプラスに評価するなら、これ以上の代物は確かに去年はなかったということになるでしょう。ただし、エモいことが即ち感動かといえば、全然違う、と私としては言わざるを得ない訳です。エモーショナルな刺激だけでは、感動としては全く不足です。エモーショナルな刺激を用いて造り上げられた形が与えるものが感動なので、そこのところを勘違いしている読み手が多すぎないか、という危惧からあえてワーストとして挙げた次第(まあ、イシグロはその辺を読み切ってああいう杜撰な仕事をした訳ですが——それにしても彼の文章は詰んないねえ、確かに)。エモい代物を求める方、なおかつ、世界が異様なくらいちまちまと狭苦しく、そのちまちました迷路の中を、作者によって鼠並みの知能しか与えられなかった登場人物が右往左往して可哀想な目に遭う話でも平気な方にはもちろん大いにお勧めできます。ただし、そういうのを読んでべーべー泣くことを、感動! とか言われると、実際に書く側としては強烈な脱力感に襲われる訳ですよ——何だお前ら結局ポルノが読みたいだけか?

From:
Date: 18 janvier 2007 17:15:20 HNJ
To: monk@zag.att.ne.jp

すみません、理解力がないので、質問させてください。
エンターテイメントは売れてなんぼではないのですか?だから売れない文学はくだらない、価値がないと言われてしまうのではないのですか?
カズオ・イシグロ、素晴らしいではないですか!大衆から支持され、評論家からも熱烈なプッシュ。もちろん売れたエンタメの中にもくだらないものはあるでしょうが、それをいうなら売れていないエンタメはもっとひどいわけで、わたしを離さないでより酷いものは山ほどあると思われます。
また、失礼ながら佐藤氏の作品は現在の他作家の人気作と比べると、とても売れているとはいえません。佐藤氏はご自身で「文学ではない」とおっしゃっておりました。つまり、売れないエンターテインメント、カズオ・イシグロより酷いのではないですか? いったい誰に向けて書かれておるのでしょうか。とても他の作家 にくだらないなどと言えない身分だと思います。
では。

おいおい、まさかこれ釣りじゃないだろうね?

釣りじゃないと仮定して、あなたは一体何が言いたいのかな。去年だか一昨年だかなら『世界の中心で愛を叫ぶ』にしとど泣き濡れてたようなど素人(いやあ、あなたの論法に従うなら、あれは立派な小説の筈ですよ——何しろ作者は純文学の新人賞をとった文学の作家で、しかも大衆に支持されたんだから)、と言われたくなければ、せめて『わたしを離さないで』のどこがどう素晴らしいのかをきちんと論じるべきじゃないのかね。それともあの小説を批判されて怒髪突天になるのは、読んでもいない小説をエンタメと決め付け、部数のデータもなしに売れてないと決め付け、売れてないエンタメは駄目と決め付け、駄目な小説を書く人間は売れてる小説=立派な小説(この理屈でいいのかどうか、よく考えてご覧)の批判をできる《身分》じゃない、と平気で主張できる人だけなのかな? 

小説は、エラい評論家がどう褒めたか貶したかに拘らず自分で読んで判断するもの、どんな《身分》の誰がどう褒めても貶してもいいものだという根本のところがあなたには理解できていないみたいだけど、それでいいのかどうか、ちょっと考えて、私が説得できるかどうか試してご覧よ。どこが良かったの? どこが素晴らしかったの? どこがどう傑作なの? 結局のところこういう種類の人間を大動員するだけのビョーキな小説、と私にせせら笑われたくなければ、次はきちんとハンドル決めて、真面目に書いていらっしゃい。真面目に書いてくれば、私も馬鹿にはしないから。

From: "thebluenowhere1978"
Date: 20 janvier 2007 08:22:05 HNJ
To:
Subject: 15の人は↓の人にそっくりですね。

>ranshi 『薔薇の名前は読んでないんだけど
>信頼する人はみんな小説としては駄目だっていう>のでそれを信用しました』

まあそうなんですけど、別人です。ちなみに最初の二通はアドレスだけ変えてあるけど発信元は同一でした。多少、慎重なようです。で、真面目に書いていらっしゃいと言ったら、またメールをくれました。

From: locklockkonnitiwa2000
Date: 22 janvier 2007 00:50:46 HNJ
To: monk@zag.att.ne.jp

もっとも中身は2ちゃんねるのイシグロ・スレッドのコピーペースト。コピペ元の方からほぼ同内容のきちんとしたメールをいただいているので、こっちの本文はカットします。

君ねえ、ちょっと真面目に人生について考えた方がいいと思うよ。


|

« 14. 『鋼の錬金術師』と『999』の関係が、今、明らかになる! およびファンサイト開設のお知らせ | Accueil | 16. 『天使』その他の問題について »

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65625/13512149

Voici les sites qui parlent de 15. ついでにもひとつ:

« 14. 『鋼の錬金術師』と『999』の関係が、今、明らかになる! およびファンサイト開設のお知らせ | Accueil | 16. 『天使』その他の問題について »