« 13. 再びあの件。ただしあの件にあらず。 | Accueil | 15. ついでにもひとつ »

2007.01.15

14. 『鋼の錬金術師』と『999』の関係が、今、明らかになる! およびファンサイト開設のお知らせ

From:
Date: 8 janvier 2007 20:32:37 HNJ
To: monk@zag.att.ne.jp
Subject: 「銀河鉄道 999 」と「鋼の錬金術師」の関連性


以前「鋼の錬金術師」と「銀河鉄道」の類似、元ネタについてメールしたものです。詳細をということですので、詳細と呼べるほどではないのですが、思いつくままに列挙してみます。
 
その前に一つ。わたしは「鋼の錬金術師」の漫画は全巻持っていて現在も新刊待ちうけ中。いっぽうアニメは前半部分(軍の葬儀のシーンまで)を、気が乗るときに見ていた程度です。
「銀河鉄道999」については、子供のときアニメを何度も見ていました。あと映画版も何度も見ました。でもDVDなどは持っていないので、最近見直してはいません。元ネタかな、と思われる点もですから、ざっくりとした、感覚的な既視観です。
 
1.鉄郎は機械の体を得るために旅している。エルリック兄弟は自分の肉体を取り戻すために旅している。目指すベクトルは正反対だが、これってある意味おなじことでは。
 
2.銀河鉄道の終着駅「惑星メーテル」とは、鉄郎が理想として追い求める機械の体をただでくれる国。その現状は、人間を、機械人間=惑星を構成する部品、ねじやら、歯車にする恐怖の忌むべき惑星。つまり惑星メーテルは、部品になった人間により構成されている国です。
 
鋼の錬金術師で、エルリック兄弟が探し求めている「賢者の石」は、人間によってできている。少なくとも現在ある不完全版「賢者の石」は、虐殺によって殺された人間によって構成されている恐怖の忌むべき石。
 
どっちも人間で出来ていて、物語内で絶対的にちかい力を持つ、という点。
 
3.メーテルは、実は魔女のようなおっかない女で、惑星の部品となりうる人間、人柱を勧誘しては、惑星メーテルに連れ帰っていた。(その真実はけれども、恐怖の惑星「惑星メーテル」を崩壊するための革命児「同志」を連れ帰っていた。いざというとき自らの体が崩壊することも辞さない強い意志を持つものを、メ ーテルが見定めていたわけですが。)
 
エルリック兄弟も、「人柱にするために生かされていることを忘れるな」とか言われてはよくぎりぎりのところで助かってますよね。これっておそらく完璧な賢者の石を作るための構成要素とされるためで。鉄郎が、メーテルに助けられながら旅を続けるのと同じでは…?
 
4.銀河鉄道の車掌さんと、鎧姿のアルと、見た目が似ている。車掌さんは透明人間で、アルは魂を練成した「空洞」なわけですが。見た目的には、外側の大きさにひきかえ中身の正体が見当たらず、目だけ光っているところ、アルの見た目は車掌さんをもろ彷彿とさせませんか。
 
ほかにも、もしや…と思う点。(これはほとんどこじつけ)
・銀河鉄道の機械人間は牛乳を飲むと体が錆びて終わりです。
鋼のエドは牛乳が嫌いです。
 
・ 銀河鉄道では、未来の鉄郎や未来の少し古ぼけた銀河鉄道999と、今の鉄郎と今の銀河鉄道999がすれ違う、接点の駅のエピソードがあった気がします(うるおぼえ)。鋼の錬金術師では、真理の扉の向こう側にもう一つ世界があって、アルに会える。この二つの次元の接点という観念など。……これはそれこそSFによくある設定ですので限定できないと思いますが。
 
どう思いますか?
 
影響と元ネタと類似いう言葉にどれほどの差異があるのか、そのへんのところはあまり意識せずに書いてみました。

返信、どうもありがとうございました。『鋼』の方はこちらも最新刊追っ掛け中、敵味方の慣れ合い案配が素敵なことになって参りました。アニメの方は十巻までの内容でよくあそこまで盛り上げたなという感じ。正直、見終わった後は、これで先が続けられるかと案じたのですが、見事に舵を切り替えて繋いでくれました。荒川弘って結構偉い。でもって1についてですが、怪しい中国人の登場により、機械と肉体の問題が相互補完的なものとして浮かび上がって来ております。ここからどう料理してくれるとしても、あと十巻は掛りそう。

でもって『銀河鉄道』の方に関しては、お見逸れしました、と言うしかありません。こちらは見た筈なのに詳細はまるで覚えておりませんでした。ある種の影響関係は確かに指摘できるかもしれません。御教授どうもありがとうございました。
 

From:
Date: 13 janvier 2007 15:37:37 HNJ
To: monk@zag.att.ne.jp
Subject: 大蟻食様ファンサイトを作らせて頂きました。

初めまして。
このたび、大蟻食様のファンサイトを作らせて頂きました。
まだリンク集とスレッドフロート式掲示板だけですが、日常生活に支障がでない程度にこれからも更新を続けて行きたいと思っております。
掲示板の方は、ファンの交流の場となってくれれば嬉しいなと思っております。
 
文句ではなく宣伝になってしまいまして、失礼いたしました。
 
大蟻喰さまには、これからますますのご活躍をお祈りしております。
 
佐藤亜紀/大蟻喰様ストーキングメモ
http://ooarikuifc.web.fc2.com/
 
puripurizaemon
 
p.s 先日更新されたwikipediaの情報量はすごいですね。
単行本未収録の作品があれだけあるとは知りませんでした。

リンク先、拝見いたしました。今後ともよろしく。
ご質問等ありましたらお気軽にメール下さい。

ところでwikiにリストアップされた短編に関してですが、1998年の『黄色いペンキの神』以前のものはあまりにもひどいので、できれば読まないで下さい。『フリードリヒ・S』以降のものは短編集に纏める機会が近々あると思います。

あと、例の鰯の頭を崇める人からまたも病気メールが来ていたので放り込んであります。何か一昨日のベストに鰯の頭を挙げなかったのが気に障った様子。でもね、鰯の頭は、信者じゃない人には鰯の頭に過ぎないんだよ。悪いけどワーストにも挙げてあげらんない。ごめんね。

|

« 13. 再びあの件。ただしあの件にあらず。 | Accueil | 15. ついでにもひとつ »

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65625/13509068

Voici les sites qui parlent de 14. 『鋼の錬金術師』と『999』の関係が、今、明らかになる! およびファンサイト開設のお知らせ:

» USJでも人気だった漫画 『鋼の錬金術師』 [漫画無料館]
失礼します。TBさせてもらいます。 漫画無料館が紹介する漫画は、『鋼の錬金術師』この『鋼の錬金術師』は、キャラクター設定の深さや緻密かつ壮大なスケールのストーリー構成と演出で圧倒的人気を誇り、本作が連載を開始してから『月刊少年ガンガン』の売り上げ部数が飛躍的に伸びたそうです(凄)また、...... [Lire la suite]

Notifié le le 2007.01.31 à 18:04

« 13. 再びあの件。ただしあの件にあらず。 | Accueil | 15. ついでにもひとつ »