« 11. 平野氏に謝る? | Accueil | 13. 再びあの件。ただしあの件にあらず。 »

2006.12.30

12. 嫌がらせの技法

From: 田中 上一浪
Date: 29 décembre 2006 22:19:11 HNJ
To: monk@zag.att.ne.jp
Subject: 批判する時は相手の名前を出すもの?

名前を出さずに批判するというやり方を米本は是認していたようだが、こういうのも卑怯である
小谷野敦

名前を出さない事にこだわっているのも理解できない。相手を「エラい書き手」と表現し、「コネ」がうんぬんといっているところをみると、自分は弱者だから弾圧を避けるために匿名の皮肉をとばすしかないとでもいいたいのだろうか。
巽昌章

佐藤亜紀、笙野頼子、殊能将之らはよく相手の名前を出さずに批判することがありますが、自分で卑怯だとは思いませんか。

えー、申し訳ありません。どこからどこまでが何の引用なのかいまひとつはっきりしないのですが、「名前を」から「卑怯である」まではjun-jun1965ことあっちゃんまたは猫猫先生(はてなダイアリーのキーワードによるのだが、おおこれは吃驚、大学の先生だったのか、別冊宝島あたりで仕事をしているライターの人だと思ってたよ)、「自分は」から「のだろうか」までは巽昌章というミステリ評論家の人の、それぞれ引用ということでよろしいですね。違ったらご連絡下さい。また引用の出典を教えて下さると有り難い。二行や三行じゃ何をどう言っているのか推測するしかないですからね。

殊能先生がどこでどういう批判を名前を挙げずに行ったのかは知りませんが、笙野氏の論争は読んでおりますし、自分の場合はもっと具体的に申し上げることができます。名前を挙げないのは、第一には、それが誰なのかはどうでもよく、実のところ誰であっても同じだと考えているからであり、もっと言うなら

症例としてのみ興味の対象となっている

からです。症例について論じるのに、特別な違いもないのに誰の癌だの彼の癌だの言っても仕方ないでしょ? おまけに特定の名前を挙げると、そのものずばりの患者の癖にああそりゃおれの癌じゃないと安心する奴が出てくるからね。少なくとも私がある症例を論う時には、その人間固有のあり方ではなく、社会のある部分、ある階層、ある種族に共通の病理として論じているので、できることならより広く、ひょっとしてこれおれのことかと怒っていただきたい訳です。病気ってのは、驚くほど無個性だからね。そこから更に派生して、あんたの個人名なんか挙げる必要はないよだってゴマンといる症例のひとつじゃん、とせせら笑うやり方もありますが。

これじゃ喧嘩を売り難くて困る、とおっしゃるなら対処法を教えて差し上げましょう。まず第一には、症例には症例、です。つまり「****とか言っている阿呆が時々いるが」とやって反論する訳で、たぶん、これが一番建設的な方法論です。ブログならトラバを打っておけば相手には通じますし、活字なら付箋を付けて送り付ければよろしい。それじゃ嫌だ、どうしても向かい合ってタイマン張りたいと言うなら「****ってのはおれに対する批判か」と名乗りを挙げて出て行けばいい訳です。

更に、軽蔑表明の技法の一つとしても、名前も挙げない、というやり方は非常に古典的であることもお忘れなく。分かる人々の間でくすくす笑いを広げて嫌な思いをさせようという訳です。非個人的な症例として扱われることも、「エラい先生」とやられてくすくす笑われることも、やられた人間には非常に頭に来るものでしょうし、頭に来させるためにやっている訳ですよ。揚句に、卑怯っ、とかきいきい声を挙げるんじゃ、思うつぼだよねえ。無視するか(まあつまり端的に言って、批判はされていない訳ですよ——名前が挙がっていないなら、おれのこととは全然思わなかった、で鉄面皮を通せばよろしい)、他人事みたいな顔をして、氏の診断は誤っている、とやるか、それはおれのことか馬鹿野郎と出て行くか。いずれにせよお好きなやり方をお選び下さい。

|

« 11. 平野氏に謝る? | Accueil | 13. 再びあの件。ただしあの件にあらず。 »

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65625/13257105

Voici les sites qui parlent de 12. 嫌がらせの技法:

« 11. 平野氏に謝る? | Accueil | 13. 再びあの件。ただしあの件にあらず。 »