« 2006.8.23 | Accueil | 2006.8.29 »

24/08/2006

ところで犬猫用の避妊リングって、まだ誰も開発してないのかね。

うちは昔田舎で雄猫を飼っていた。二十歳で大往生を遂げたが、大層うい奴であった。親父が猛反対したので(「漢の旗だ」と親父は言った)長いこと去勢はしていなかった。大体、運動神経が悪すぎて塀も越えられなかったので、悪事を働きに出掛けることも侭ならない(庭に来る野良猫相手の喧嘩はそれなりに強かった。長毛種なので噛まれても掻かれてもダメージが小さいのが勝因であった。庭には白い毛が雄々しく華々しく飛び散った。勝つと、病院に担ぎ込まれるような大怪我をしても、親父は大喜びした)。季節になるとぬいぐるみや座布団を相手に腰を使っている光景が見られた。それもまた馬鹿馬鹿しくも可愛らしい光景であったが、尿道結石が悪化したので、十歳くらいの時に、手術ついでに去勢された。

もちろん体には良くない。それはもう宦官のように肥ったし。宦官だけど。秘かに安禄山と呼んでいた。

ということは、去勢は雌猫にもよくはなかろう、と言うか、余計よくはなかろう。飼い猫なら猫用ピルの開発というのも考えられるが(皮下埋め込み式のピルが、人間用にはある)、野良には使えない。ということは、端から捕まえて去勢以外ない訳だが、これがリングで済んだら強請避妊も随分と感じが良くなる。獣医系研究者の皆様、動物用避妊リングの開発をよろしく。需要は必ずある。

|

« 2006.8.23 | Accueil | 2006.8.29 »

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65625/11585967

Voici les sites qui parlent de 2006.8.24:

« 2006.8.23 | Accueil | 2006.8.29 »